プロミスを利用する前に返済総額を計算しておく

プロミスでの借り入れ前にシュミレーションをして、返済金額がどれぐらいになるかということをきちんと計算しておきましょう。
「当たり前、利息がどれくらいか分からずに借り入れする人なんていないでしょう。」と自信たっぷりの方も、追加借り入れとなるとあまりきちんと再度シュミレーションをすることが少ないのではないでしょうか。
最初に借り入れをする前は、シュミレーションを行って自分が返済できるだけの金額を借り入れする、ということをする人は多いのですが、返済が長期に渡る場合などにキチンと全額返済できないということが起こってしまうかもしれません。
さらに、返済途中でもお金が足りなくなったということで、限度額までなら何度でも借り入れできるわけですから、またキャッシングするということが起こらないとも限りません。
最初はキチンとシュミレーションをしていても、そのうちに「あれ?いくらぐらいまで借りていたのだったかな?」という事態になってしまうことも、起こりやすいことなのです。
少額でも追加借り入れをする前にはシュミレーションを忘れず行い、もしも途中で自分の借り入れについてきちんと把握できていないと気づいたときには、直接プロミスに相談してしまってもよいのです。「適当に返していてもいずれは終わるかもしれない。」なんていう期待をかけず、常に自分の借り入れ総額、毎月の返済額、そのうちの利息と元金の割合、完済日の目安を常にしっかりと把握しておかなければならないのです。

関連記事